イングリッシュ ナショナル バレエ団よりバックス & ストラウスの新アンバサダーが就任

bs

イングリッシュナショナルバレエ団より

バックス&ストラウスの新アンバサダーが就任

 

左から、加瀬栞、ジンハオ ジャン、ローレッタ サマースケールズ
バックス & ストラウス(創業1789年)と世界的なバレエ団、イングリッシュ ナショナル バレエ団は、加瀬栞、ジンハオ ジャン、ローレッタ サマースケールズの3名を新たにブランド アンバサダーとし、パートナーシップを継続することを発表しました。

3年目を迎えたこの著名なメゾン同士のパートナーシップは、イングリッシュ ナショナルバレエ団の芸術監督・タマラ ロホが、同団の3人の前途有望な才能にブランド アンバサダーの称号を引き継いだことにより、新時代を迎えました。

アリシア マルコワ、アントン ドーリン、ジュリアン ブラウンズエッグが1950年に同バレエ団を創立して以来、傑出した才能を持つバレエダンサーを起用することは、イングリッシュ ナショナル バレエ団の活動の中心であり続けています。タマラ ロホの指導のもと、世界レベルの才能を育成し、バレエとはどうあるべきかという新解釈や、魅力的な新しい創作活動を奨励し続けているイングリッシュ ナショナル バレエ団。加瀬栞、ジンハオ ジャン、ローレッタ サマースケールズは、その活動の輝かしい結晶ともいえます。

ファースト ソリストの加瀬栞は、故郷の東京でバレエを始め、その後、英国に移り、2009年に同バレエ団に入団。 2015~2016年のシーズン中は 「くるみ割り人形」「海賊」「白鳥の湖」などの有名作品に登場します。ジンハオ ジャンは、同バレエ団に入団したばかりですが、その驚くべき才能と現代的振りつけにより、2015年にイングリッシュ ナショナル バレエ団の新興ダンサーコンクールで優勝を果たしました。

ローレッタ サマースケールズは2009年に同バレエ団に入団し、2013年にファースト ソリストに昇格。「ジゼル」の中心的登場人物であるウィリの女王ミルタ役でデビューを果たし、そのキャリアにおいて多数の賞を受賞しています。

イングリッシュ ナショナル バレエ団芸術監督のタマラ ロホは今回の発表に対してこう述べています。「バックス & ストラウスが、我々のパートナーシップを象徴する存在として当バレエ団の新しい3名のスターを選んだことに期待を高めております。傑出した才能を育てることは、イングリッシュ ナショナル バレエ団の生命線ともいえる活動です。バックス & ストラウスが加瀬栞、ジンハオ ジャン、ローレッタ サマースケールズをサポートし、イングリッシュ ナショナル バレエ団にとって長きにわたり良いパートナーとなっていることに感謝しています。」

これを受けて、バックス & ストラウスCEOのヴァルケス カナジャンは次のように付け加えました。「加瀬栞、ジンハオ ジャン、ローレッタ サマースケールズをブランド アンバサダーとして迎えられることを大変光栄に感じています。この才能あるバレエダンサーたちが、優れた踊りのために切磋琢磨すること、そしてその努力が生み出す完璧な舞台が、英国内外に計り知れないインパクトを及ぼし続けることを期待しています。」

 

Share Button