<< WCC HOME

« 前の記事 | メイン | 次の記事 »

2013年12月06日

フランク・ミュラー新作「カオス & コスモス」発売開始!

img01.jpg
 
CHAOS & COSMOS (カオス&コスモス)

時の哲学者が辿り着いた“時間の起源”

人間はいつから「時間」というものを意識したのだろうか?
地平線から太陽が昇り、ほぼ同じ速度で空を移動して反対側の地平線へと消えていくという「宇宙の秩序」から、流れる時間の存在を知ったのかもしれません。
古代ギリシャの哲学者たちは、この秩序ある動きこそが、神が宇宙を作った証拠であると捉え、「神は混沌の中から秩序を創造した」と結論付けました。
神が宇宙を創造し、太陽や惑星、地球という秩序をもたらすことで、人間は「時間」を与えられたのだと考えたのです。

365日/24時間という時間の区切りは、宇宙の秩序に対して人工的に定められたルールにすぎません。
時計はそのルールを表示するために作られた道具でしかないのです。
フランク・ミュラーは、自らが新解釈した時間という秩序を再構築する取り組みを開始しました。

「カオス」では、無から秩序(すなわち時間)が生まれようとする直前の“混沌(カオス)とした状態”をイメージしています。
インデックスが散らばっているが、闇の中には黒いインデックスが隠されており、今まさに時間が生まれる…。
そんな刹那を、哲学的に、そしてグラフィカルに表現しています。

「トノウ・カーベックス コスモス」は、宇宙(コスモス)の中に秩序が創造されるという神々しいシーンがテーマ。
生まれたばかりの太陽から鮮やかな光が差し込む状況を、インデックスのグラデーションによって表現しています。

どちらも哲学的なロジックから生まれた時計であり、「時間とは何か?」という壮大な問いかけに対するフランク・ミュラーの答えでもあります。
デザインの背景に潜むフィロソフィーは、常に独創的に溢れ、飽くなき“時”の探求をあらためて証明しています。

<写真左>
CHAOS(カオス)
自動巻き
ステンレススティールケース
ケースサイズ 縦55.5mm×横39.5mm
ラバーストラップ
価格 1,600,000円(税抜き)
発売日 2013年12月6日

<写真右>
COSMOS(コスモス)
自動巻き
ステンレススティールケース
ケースサイズ 縦55.5mm×横39.5mm
ラバーストラップ
価格 1,600,000円(税抜き)
発売日 2013年12月6日

http://www.franckmuller-japan.com/chaosandcosmos/

履歴一覧